低金利で融資を受けるには?

借り入れをするときは、出来るだけ低金利で借りたいと思うのは誰しも同じことです。フリーローンのタイプも近年、いろいろと登場してきていますが、カードローンは比較的、低金利に抑えられており便利です。

カードローンにも、銀行系、消費者金融系、信販系といろいろとありますが、やはり最も金利が低く設定されているのは、銀行系です。ただし、その分だけ審査条件が厳しくなっているので注意が必要です。

金融機関が貸し出しをするときの条件とすることが、収入、勤続年数、債務の状況や返済の遅延、延滞などが無いか、という条件です。銀行系は低金利である反面、年収に対して150万円から200万円と、正社員であることと同時に制限を設けていることがあります。

また、勤続年数に関しても一般的に半年、一年以上の経験を要することがあります。これは離職率が短期間の勤務であれば、高く、無職となって収入の道が途絶える危険性があると、金融機関が判断する材料になるためです。

低金利のカードローンとしては、ネットバンクや一部信販系であれば、金利が限度額にもよりますが、最大で3−4パーセント台ということも珍しくありません。また、全体的に消費者金融などの借り入れよりも低く設定されている傾向があります。

それほど高額な限度額を希望していない人でも、消費者金融などより借り入れるときの金額は低く設定されているので、インターネットなどで調べて、比較的金利が低いカードローンを選ぶと、長期的に見ると金利の負担を減らすことが出来て便利ですよ。

▲ ページの先頭へ