銀行系?信販系?消費者金融系どれがいい?

フリーローンの形式も現代は多くなり、カードローンには、もっとも金利が安い銀行系のほか、信販系、消費者金融系と様々です。審査条件や限度額を比較して最も自分に合ったタイプのローンを選びたいところです。

カードローンは総量規制の対象外であるため、比較的借り入れがしやすいというメリットがあります。また、自分の状況に合わせて借り入れ、返済を臨機応変に出来ることも、自動車ローンなどに比べて便利です。

金利が比較的安くなっているカードローンは銀行系ですが、審査基準が厳しく、貸金業者など複数社に多額の借り入れがあると、審査をパスすることが厳しいなどの条件があります。

また、借り入れの審査では、その人の債務状況のほか、年収、勤続年数、配偶者の有無、持ち家であるかなど、総合的に判断されることになります。またいわゆるブラックリストなどに掲載される事故破産や債務整理は一定期間は審査を通過しないので注意が必要です。

それに比べて比較的借り入れがしやすいカードローンには、信販系、消費者金融系があります。信販系はクレジットカードなどですでに返済や利用の実績があれば、比較的通過しやすくなっています。

消費者金融系は安定した収入があれば、パート、アルバイトでも審査が通過することが出来るケースがあります。また、総量規制の対象外にカードローンはなっているので、年収の3分の1に制限されているなどの条件がないため、利用しやすいというメリットもあるので、借り入れの候補として参考にしてくださいね。

▲ ページの先頭へ