安定した収入があれば通りやすい

比較的金利が低く設定されているカードローンですが、勤続年数や、勤務形態などの審査条件が他のフリーローンに比べて厳しく設定されています。特に、金利が低い、銀行系のカードローンの場合には、この条件が厳しくなっているため、注意してください。

カードローンには、いろいろなタイプがありますが、まず、金利が低いものには銀行系のカードローンがあります。ただし、勤続年数が半年、もしくは1年以上と予め設定されていることも多く、その他の条件も通常のローンよりも厳しくなっています。

正社員であれば、比較的収入も安定しており、カードローンを組むときに、審査で有利に働きます。ただし、職種によっては転職率が高い、また中小企業であれば、信用力が弱くなるという一面があります。

それに対して、大企業に勤務している、公務員であるなど、同じ正社員でも、収入や安定度が違う場合には、ある程度の社会的信用を構築することが可能になります。このような場合、一般的に限度額も高く評価されます。

カードローンは比較的自分の用途に応じて、自由に借り入れや返済が出来る点が魅力であり、消費者金融など総量規制の対象外でもあるので、限度枠内であれば、比較的安心して借り入れが出来るなど便利な点が多いのが特徴です。

また、正社員であれば、安定収入のほか、ボーナスなどの収入も見込めるため、借り入れ金額に応じて毎月返済し、ボーナス時に一括で返済するなど、収入と返済のバランスを自分の状況に応じて決められるなど、計画的な借り入れと返済がしやすいという利点があるので、活用してみてくださいね。

▲ ページの先頭へ