定期的な収入があれば申込は可能

金融機関から借り入れを申し込むときには、安定した収入や、勤続年数などが求められます。このときにパートであれば、やはり通常のカードローンの審査では不利益を受けることがあります。ただし、近年ではパート、アルバイト向けのカードローンも登場しています。

銀行系のカードローンの場合、すでに申し込み条件で、パート、アルバイトでは申し込みをしても審査に通過しない、という条件が明記されていることがあります。一般的に銀行系のカードローンは審査条件が厳しいため、申請しても通過することは難しいといえるでしょう。

それに対して、消費者金融系、信販系であれば、他の金融機関などに借り入れが無ければ、パートによって生計を立てられる収入かどうかにもよりますが、十分に借り入れのチャンスがあるといえます。

まず、安定して収入があるかどうかなどが評価の対象になりますが、確定申告書や源泉徴収票が用意出来れば、収入の状況は証明可能です。他にも、クレジットカードなどを使用している会社にカードローンを申し込むのであれば、過去の利用、返済実績も信用になります。

また、専業主婦であれば、たとえパートであっても、夫の収入によっては、十分にカードローンの審査は通過可能です。ただし、この場合は、夫の同意、および収入を証明する書類の提出が必要となります。

パートなどの条件であっても、対応している消費者金融系のカードローンもあるので、金利は銀行系などに比べて比較的高くなりますが、必要な人は申し込んでみてください。インターネットからでも審査の申し込みが可能な金融機関も多くあるので、出来るだけ金利や限度額で自分に合った場所を探すようにしてくださいね。

▲ ページの先頭へ