最長の返済期間は5年〜7年

経済状況に応じて返済が便利な形式の借り入れに「カードローン」があります。現在は金利もかなり低く設定されている傾向にあり、自分の経済状況に応じて前倒しで返済できるなどのメリットがあります。

通常のマイカーローン、住宅ローンなどでは、一度借り入れをしてしまえば、前倒しで返済することは出来ても、用途に応じて再び借り入れをすることは原則出来ません。つまり、返済に対しては不可逆となっているのです。

しかし、カードローンの場合は、限度枠内であれば、何度でも、返済、借り入れを繰り返すことが出来ます。しかも、月々の借り入れに対しての返済額は、一定に決まっているので、毎月の収入条件や、状況によって使い分けることが可能です。

定額の返済期間は、50万円に対して1万円と決まっていることが多く、最長の返済期間が5年から7年程度に設定されています。そのため、比較的長期間にわたって返済計画を組むことも可能です。

長期的な返済になると、銀行からの用途目的が決まったマイカーローンなどに比べて金利は3−5パーセント程度から、限度額に応じて18パーセントまで設定されていることがあるので、負担が大きくなる傾向があります。

返済条件が緩やかなであるため、逆に借り入れ出来るにも関わらず、債務を放置してしまい、金利がかさむ危険があるので、十分に注意するようにしてください。最終的な返済のために、しっかりとした計画性を持つようにしてくださいね。

▲ ページの先頭へ