派遣社員対応の金融機関

比較的金利が低く設定されており、借り入れが便利なタイプにカードローンがあります。決められた限度枠内であれば、いつ、何度でも借り入れが可能というメリットがあります。ただし、派遣社員などの場合には、審査条件が正社員に比べて不利益を受けることがあります。

派遣社員の場合、基本的に年収が正社員に比べて低く設定されているというデメリットがあります。また、雇用期間も限定されているため、勤続年数があまり長くならないため、金融機関の信用条件でマイナスとなる可能性があります。

勤務先は、基本的に派遣元を記入することになるので、離職率が心配されるという点もあります。銀行系のカードローンを申請したい人は、給与振り込みを指定する、定額預金を積み立てておく、などの信頼を積み重ねることも一つの方法です。

また、すでに正社員に比べて、審査条件で不利益を受けているので、ここで、他の金融機関などに債務があり、返済が滞っているなどの条件がつくと、さらにカードローンの申請でマイナスの印象を持たれてしまうので注意してください。

逆に、過去に債務がない、または債務があったとしても元本を借り入れ時にしっかりと返済している、などの実績があれば、カードローンの審査で有利に働くことになります。

どうしてもカードローンが必要な人は、審査が比較的通過しやすい消費者金融系や、信販系に申し込んでみるとよいでしょう。派遣社員にも対応している金融機関も多くあるので、インターネットなどで申し込み条件を調べて検討してみてくださいね。

▲ ページの先頭へ