限度額は幅広い

用途が自由で限度額も大きな借り入れをしたいときは、カードローンが便利です。現在はどの銀行でも取り扱っており、信用状況がしっかりした人であれば、審査次第では500万円、700万円の借り入れも可能というメリットがあります。

カードローンの審査状況の目安は、まずどのような債務状況になっているのか、ということが判断材料の一つになります。貸金業者などの借り入れがあると、審査が通過しにくいというデメリットがあるので注意が必要です。

また、限度額は、貸金業者や信販系のキャッシング枠の借り入れで制限を設けた、総量規制の対象になりません。総量規制は年収の3分の1までの借り入れに制限した法律ですが、カードローンであれば、比較的大きな金額でも借り入れが可能です。

ローンは比較的自由に設定されており、借り入れの限度額も高いことから、マイカーローンの代わりに利用したり、ボーナス払いで返済したりなど、使い勝手の良さが特徴です。

ただし、審査条件は年収に制限を設けていたり、勤続年数が半年、一年など一定の期間が必要だったりするので、事前に確認してください。他にも、過去に自己破産や債務整理など、いわゆるブラックリストに掲載されたことがあるひとは、一定期間、審査に通過しません。

それらの条件を総合的に考慮し、自分に合った方法で、カードローンを選ぶようにするとよいでしょう。どうしても必要としている人は、比較的審査の通過しやすい消費者金融系のカードローンを選ぶ方法もあります。申し込み時には、債務の遅延、延滞などがないように注意してください。

▲ ページの先頭へ