学生も申込できるカードローン

借り入れをするときは、比較的用途が自由となっているカードローンが便利です。ただし、学生など一定の収入がない場合には、親が保証人になるなどの条件が必要となることがあります。

一般的に、カードローンの審査条件は、債務の状況、収入、勤続年数などの条件を満たしている必要があります。ただし、大学生、専門学校生の場合は、特殊なケースを除いてアルバイト以外には収入の道がありません。

銀行系のカードローンの審査条件は、親と銀行の間に特別の信用がある、などの状況が無ければ、原則、カードを作ることは難しいと言えるでしょう。また、年齢的に若年者であるなどの理由で、信販系、消費者金融系で審査を通過することも難しいなどがあります。

ただし、クレジットカードで、親が保証人になっている場合には、親の信用状況に応じてキャッシュカードの機能がついていることがあります。これを利用すれば、比較的自由に借り入れや返済が出来て便利です。

また、学生ローンを用意している金融機関もあり、18歳以上であれば、30万円から50万円までであれば、貸し出しに対応しています。返済にも保証人が必要なく、学生証や身分証明書の写しのみとなっています。

金利的な負担は十数パーセント台から18パーセントとなっているため、返済のめどが無いと、後で金利の負担が大きくのしかかってくることになるので、注意が必要です。また、返済期間も通常のローンよりも短く3年程度に設定されているので、在学中、もしくは卒業後にも比較的早い段階で返済する意識が必要です。

▲ ページの先頭へ