カードローンの審査基準

一定の収入があれば、現在でもアルバイトでもカードローンを作ることが可能になっています。ただし、審査条件が厳しい銀行系などは無理ですが、一部クレジットカード会社や消費者金融系のカードローンでは対応しています。

一般的に、カードローンの審査条件は、収入と、借り入れの債務状況、勤続年数があります。アルバイトの場合、収入はそれほど高くなく、また勤続年数が決して有利になることはありません。

また、審査で注意しなければならない点として、すでに消費者金融などから借り入れがある場合です。これらの債務の状況は各金融機関の借り入れ申し込み時点で照会されることになるので、不利益を受ける可能性があります。

逆に、現在全く借り入れがない、などの条件であれば、金融機関でも比較的好意的に審査を行ってくれる可能性があります。債務の状況や、返済計画に応じて、借り入れと返済の有無を活用することが求められると言えるでしょう。

アルバイトであっても、一定の収入があると、確定申告書や源泉徴収票で証明出来れば、十分にカードローンを組むことが可能です。また、以前に正社員時代にクレジットカードをなどを作り、現在も使用している場合には、過去の返済履歴なども実績になり、カードローンの審査にプラスに働く要因となります。

また、どうしてもすぐにカードローンを作りたい人にとっては、消費者金融系など、比較的審査が通過しやすい金融機関を選ぶようにするとよいでしょう。ただし、金利は一般的なカードローンに比べて高く設定される傾向があるので、注意してくださいね。

▲ ページの先頭へ